日本では「ペットセラピー」と言った方が 理解される様ですが
厳密に云えば 「アニマルセラピー」には キチンとした定義があるんです

①動物介在療法
②動物介在活動
というのがあるんです
更に 此の「アニマルセラピー」治療プログラムの対象者も細かく分かれているんです


アニマルセラピーの対象者

子供:一人っ子、不登校、精神的・身体的・性的虐待児、親がいない子供等
高齢者:独居、老人ホーム等
終末期医療:がん、エイズ等
後天的慢性疾患:事故、病気等
先天的慢性疾患:精神遅滞、ダウン症、自閉症、脳性マヒ等
身体的機能障害者:視覚・聴覚・言語障害者、手足の不自由な人、てんかん患者等
犯罪傾向にある人:囚人、医療刑務所等
精神障害者:痴呆、精神分裂病、躁鬱病等
以上の方々の治療プログラムが特別に存在します

関連記事
スポンサーサイト