ペットを癒し隊とペットに癒され隊

 

�J�e�S���[�F癒したい シルバーライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットに快適なシルバーライフを送らせたい

どんなに可愛いペットであっても やがて歳をとります
犬の場合は 小型・中型は7~8歳 大型は5歳位から 老化が始まるそうです


症状としては 人間と同じ様に 耳が聞こえにくくなる 目が良く見えなくなる 歯が抜ける等
最近は 老犬症(老人症)・痴呆症になるそうです

生活環境・食事が良くなってきて 以前より 長生きする犬が 増えた事が原因なんです
何か 矛盾している様ですが・・・


老化を防ぐ 又は 老化が始まってしまっていても その対応は同じです
習慣やしつけを  出来るだけ 今までの生活と変えないこと


【散歩を嫌がる様になった場合は・・・】
短い距離を 短い時間で 回数を増やしてあげる

散歩に行かれない様だったら 
足の屈伸運動等 身体を動かすようにして
マッサージ・ブラッシングで 新陳代謝を 促進してあげると
スキンシップにもなって とてもいいですよ

遊ぶように 常に話しかけてあげれば
精神的若さを保てます


こぐまの森の犬達は いつも 沢山の人間達に囲まれ 話しかけられ 触られ 
仲間と共に 過ごして来ました

我が家1
こぐまの森のベランダからの風景です

でも 死は避けられません

初代のヨーキーは 最後は 自分のお気に入りに布団から出ることはなかったのですが
亡くなる前日
こぐまの森にいつものように 多くの人たちの来るとを必ず出迎え ご挨拶してくれました
きっと 最後のお別れを言いに来たんですね!

愛情を沢山頂いたのは こぐまの森でした
まさに アニマルセラピーです 

華





スポンサーサイト
ジャンル : ペット

快適シルバーライフの第一歩 その2

前回は 体の状態から シニアへの変化を感じ取った時の様子を書きました
今回は 心の部分から こぐまの森が感じた事をお知らせします

心の変化
 触られるのを嫌がる 最初は眠いの?すねているの?と思っていました・・・ 寝ている事が多くなり 寄ってこなくなりました
 お迎えに来て貰えない・・・ 帰宅すると ちぎれそうな位尻尾を振って 出迎えてくれたのに・・・
 無関心? 遊びにもおやつにも反応が無くなってきたみたい・・・ 気がついたら こぐまの森も 構わなくなっちゃったかな・・・

寝ているの?すねているの?
「帰って来たよ~」「出迎えてくれないの?」・・・「・・・・」

 チェック項目の一つですね  
口がクサい、は危険信号! GREEN DOG マウスケア特集

2008・12・30 090s-
「あれ?何か物音がしたけど・・・」

2008・12・30 089s-
「あっそう? じゃ あなたが出迎えれば?」

080508_133150.jpg
「お散歩は楽しいのに なぜ来ないんだろう・・・」

未だ若いから 関係ないわという考えは あまりに危険かも・・・
予備知識として 飼い主の心の備えをしておくと 良いのではないでしょうか

健康維持はこの健康からですね
今からはじめる!歯みがき習慣!

快適で 安全な シルバーライフを送るのは
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

お気に召して頂けましたら ポチをお願い致します↓
>>>人気ブログランキング
出来ましたら こちらもお願い致します↓
>>>日本ブログ村ブログランキング
最後に もうひとつ 宜しくお願い申し上げます↓
>>>風花心伝ブログランキング
ジャンル : ペット

快適シルバーライフの第一歩

「ペットを飼い始めて●年になります」
という言葉が
「ペットを飼い始めました」
という言葉より 多く聞かれる様になりました

ペットの高齢化によって 様々な問題が起きています
その中でも 飼い主の願いは一つだと思います

いつまでも健やかに過ごしてほしい

しかし 人間と違って寿命の短いペットには 老化はあっという間にやってきます
4代目ペットたちを迎えたこぐまの森は 今迄の生活の中で 
「これって老化?」「もう老化?」などで 慌てない為に

身体の変化
 毛並に異変・・・毛にふんわり感が出ない・鼻口周りが白っぽくなる
 体型に変化
 散歩が億劫になる・・・張り切って出ていたのが 後からついて来る様になる
 口臭・・・歯の問題・他の病気?

楽天でシニアの為の食事で検索したら・・・詳細はこちら>>>


7歳でシニアの仲間入りと言われてます
老化の状態は 犬種・体の大きさによってことなりますが 一応の目安です

癖・習慣等から 思い込み等で混合してしまう事がありました

画像 033s-
ちょっぴり白髪(?)が出てきたかな?

EPSN5701s-.jpg
散歩?寒いから嫌だな~ 面倒だな~

080728_145531.jpg
未だ未だ スマートだよ!

やはり ペットを一番わかっているのは 
獣医さんではなく 飼い主ではないでしょうか?
日頃の微妙な変化を感じ取って 病気を未然に防いで行きたいです

おやつを ついつい与えてしまうこぐまの森です
人間と同じように 安全な食べ物を与えたいですね 
>>> 愛犬が7歳になったら・・・シニア犬予備軍の食事とケア

お気に召して頂けましたら ポチをお願い致します↓
>>>人気ブログランキング
出来ましたら こちらもお願い致します↓
>>>にほんブログ村 犬ブログ
最後に もうひとつ 宜しくお願い申し上げます↓
>>>風花心伝ブログランキング
ジャンル : ペット

見守ってあげたい ペットの最後

一般的に 小型犬や中型犬なら 16歳で
大型犬なら 14歳で 
天国に 召されるようです

壮絶な闘病生活の末 亡くなるケースもあります
その様な時は 大変無念ではあると思いますが
安楽死
を 考える場合もあります

助かる見込みがなく 苦痛が激しい場合には そうした選択も仕方がないのかもしれません
その様な場面に遭遇した時 その様な決断は 大変難しいです

最初に書いたように 寿命は人間と比べ 大変短いです
若いうちに 家族で話し合う事も 大事ではないでしょうか・・・

こぐまの森でも 何匹ものペットを  天国へ送りました
7歳過ぎてから 急に元気がなくなった子
目が悪くなってから 動かなくなった子
12歳までは 活動的だったけれど 坂を転げ落ちるように 老化が進んだ子
色々なパターンがあります

でも みんな最後の日・最後の時は こぐま♪の腕の中で
眠りにつきました・・・

沢山の写真は 今も飾ってあります
また こぐまの森の仲間が 増えました
そして 誰かが 旅立って行くのでしょう

天国で 新しい仲間のお世話を頼みますよと お願いをしながら・・・・

>>>ありがとう、ヘンリー↓以前産経新聞で取り上げられた作品です↓

テーマ : 愛犬との別れ
ジャンル : ペット
�^�O : ペット 寿命

見守っていきたい 痴呆になったペット

ペットが 痴呆症になると・・・・・
     ● 判断力・記憶力が衰える
     ● 飼い主の事が判らなくなる
     ● 食事をしても 直ぐに 食事を要求する
     ● 一日中 寝てばかりいる
     ● ウロウロ歩きまわる
     ● おしっこを垂れ流す
                    以上の様な症状が現れます

世話をする飼い主も大変ですよね
でも 家族の一員です

最近は ペット用車椅子・オムツ等 ペットのシルバー世代を 快適に過ごして貰う為
あらゆるグッズが開発されています

>>>ペット介護用品一覧 

こんなのまであるんですね
至れり尽くせり・・・でも 選んであげられるのは 飼い主ですよね

この様なグッズを活用しながら 最後まで 見守ってあげましょう
ジャンル : ペット
人気ブログ
ポチすると人気のブログをご覧になれます
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。