アニマルセラピー~癒しの動物たち

ペットを癒し隊とペットに癒され隊

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットセラピー(アニマルセラピー)の定義とは・・・

日本では「ペットセラピー」と言った方が 理解される様ですが
厳密に云えば 「アニマルセラピー」には キチンとした定義があるんです

①動物介在療法
②動物介在活動
というのがあるんです
更に 此の「アニマルセラピー」治療プログラムの対象者も細かく分かれているんです


アニマルセラピーの対象者

子供:一人っ子、不登校、精神的・身体的・性的虐待児、親がいない子供等
高齢者:独居、老人ホーム等
終末期医療:がん、エイズ等
後天的慢性疾患:事故、病気等
先天的慢性疾患:精神遅滞、ダウン症、自閉症、脳性マヒ等
身体的機能障害者:視覚・聴覚・言語障害者、手足の不自由な人、てんかん患者等
犯罪傾向にある人:囚人、医療刑務所等
精神障害者:痴呆、精神分裂病、躁鬱病等
以上の方々の治療プログラムが特別に存在します

スポンサーサイト

脳障害児との触れ合うトイプードル

療養施設で 治療を目的として 動物が導入されたのは
何と!18世紀末なんです
古いですよね!

イギリスのヨーク収容所(精神障害者の収容施設)で
自分をコントロールする為に 動物の世話をする事を治療目的とした方法が
導入されたのが始まりだそうです 
癒しですね~

管理人の知人に脳障害の女の子がいます
今は6歳になりましたが 未だ口が利けません 歩けません
「犬はどっち?」等 カードを見せて 選ばせると 拙いながらも指をさせる様になりました

我が家の犬達も フイに掴まれたりするので 近づこうとしません
しかし ある日・・・
ベルツ
トイプードルが近づいて 女の子に自分を触らせた時
「べ~!」と叫んだのでした

母親が言うことには 自宅でも 大声を出すことはなく 「あ~」「う~」位を発する位だそうです
しかし 確かに その後も トイプードルを目で追って 呼びかけて 
トイプードルのいる方へ 動こうとするしぐさをするのです
すると トイプードルも呼ばれているのが分かるのか 必ず寄ってきます
そして 女の子も そばへ行こうと身体を動かすようになってきました

それから 病院の定期検査で 担当医は 
筋力がついてきた事 更に 此方の言葉の理解力が高まっている事に 大変驚かれたそうです

医療現場で動物を導入されるのは 難しいことなのでしょうが
実際 活動的になって行く女の子の様を目の前で見て来て 
医療現場で 動物の導入が実現される事を 願っています 


介助犬の事をもっと知りたいと感じて

盲導犬・聴導犬・介助犬をまとめて身体障害者補助犬と呼ばれています

ベルツ
「子供が大好き 一緒に遊ぼう」

身体障害者補助犬法は2003年10月に施行されましたが 
色々細かい問題点が解決されず 2007年11月に改正され 今に至っています
未だ 本当に新しい法律なんです

此の「身体障害者補助犬法」って 身体障害者の自立・社会参加を促進する為 
補助犬の同伴を保障する法律なんだそうです

電車・バス等の公共交通機関は勿論 図書館・美術館・音楽ホール等の公共施設
ホテル・レストラン・デパート・スーパー・その他色々な場所で 
身体障害者が補助犬を同伴していた場合 受け入れなくてはならない義務があるのです

でも 此の補助犬法には 罰金や罰則等の規定がありません
その為 都道府県が 介助犬に関する苦情や相談に対応します
受け入れる側も もっと積極的に 此の事を学んで行かなくてはいけないのですが

ただ残念ながら 脳障害の子供には 残念ながら 犬を扱うすべがありません
この様な子供にとって 動物がそばにいる事によって 
精神的には 自立心・自尊心・自制心を育て
肉体的には 行動力の促進があります
そうすれば 大人になった時には 社会参加のチャンスが増えるのではないでしょうか
その為に何をしなくてはならないのでしょうか・・・


テーマ : 犬との生活
ジャンル : ペット
人気ブログ
ポチすると人気のブログをご覧になれます
人気ブログランキングへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 室内飼いへ
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。